ホーム » » アクティブファンド<インデックスファンド 負けられる余力を身に付ける

アクティブファンド<インデックスファンド 負けられる余力を身に付ける

こんにちわ。
今日はネットサーフィン(投資系のブログやサイト)
を眺めていて思ったことがありましたので
ひと記事更新しようかと思います。



多くの投資家がサプライズとして捉えた
10/31の日銀のサプライズの金融緩和です。

この動きで儲かった人も多いかと思います。
皆さんはいかがでしたか??
私は以前より

金融リテラシーを上げる書籍|メンタル力より継続力-2


この記事でも書いているように日頃の投資
で負けられる余力を積み立てという形
で増やしております。


積み立てしていたファンドや外貨が今回の緩和
で良いパフォーマンスを上げております。
これで日頃の投資ももっとアグレッシブに行けそうです。


そこで負けられる余力についてある読者様
からご質問がありましたのでここで皆さんに
シェアしたいと思います。

「アクティブファンドとインデックスファンドが
ありますが管理人さんはどちらがおすすめ
ですか??投資初心者なのでご助言頂けると
幸いです。」


このようのなご質問を頂きました。



アクティブファンド<インデックスファンドを私は支持します。

今回の日銀の緩和はサプライズです。
誰もが予想しえなかった事態でしたので
株価も為替も大きく反応しました。


この予想しえない事態に対応できる手段は
インデックスファンドに積み建てるという
手段のみと私は考えております。

2014y11m03d_151351161

これは、私が投資を本格的に始める時やって
いる投信です。
豪の債権の毎月決算型の商品ですが積立始めて
5年が経ちます。

現在でも基準価格を平均取得価格で上まって
おりますし毎月の配当も頂いております。
これが負けられる余力の一部になっていることは
言うまでもありません。


優秀な投資マネジャーをもってしても
サプライズは予想できません。
ですので、ご自分でコレだ!とお決めに
なった投資対象物に無理のない程度で積み立てを
開始されてはいかがでしょうか??


私には助言する力はありませんが今は便利なツールや
ネットでの情報があります。
負けられる余力を身に着けて日々のチャンスに積極的に
リスクをとって入る。
これが投資を続けることの出来る唯一の方法かと
思います。

皆様も【楽天ブックスならいつでも送料無料】半値になっても儲かる「つみたて投資」 [ 星野泰平 ]
を読んで負けられる余力を増やしてみませんか??

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
(参考になったよ!と思われる方、是非応援クリックを
よろしくお願い致します。更新のモチベーションUPに繋がります!)

重要なお知らせです。投資はご自分の判断で!!
 価格の騰落ついて断定的判断を提供することはなく売買を勧誘する
ものでもありません。また、投資・トレード等における最終的な
ご判断は、全てご自身の責任においてされますようお願い致します。
当サイトの情報により皆様に生じた損害、費用につきましてもその程度
を問わず一切責任を当方は負わず損害賠償にも応じませんこと予めご了承下さい。

« スポンサードリンク »

タグ / 

コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Return to page top