ホーム » » 原油安意外な流れが|トヨタの主力自動車不振のわけ

原油安意外な流れが|トヨタの主力自動車不振のわけ

« スポンサードリンク »

こんにちわ。
皆さんは自家用車を保有していますか?
私は税金対策で軽自動車ユーザーです。
以前まで普通自動車に乗っていたのですが
最近の軽自動車のパフォーマンスは一昔前とは
各段に違います。


皆さんは
トヨタ?
ホンダ?
日産?

どのメーカーにお乗りですか??
個人的には軽ではなくハイブリッド車に
乗りたいところなんですが・・・。


プリウスの北米販売が失速その理由は?



月間売上げランキングでも常に上位にいる
プリウス。
 
この車はトヨタの強い方針で「可能なかぎり、国内で作る」
という強いこだわりがあります。

昨今の円安でドル箱的な車になってきているプリウス
ですが、原油安がその売り上げに歯止めをかけようとしています。


トヨタはこのほど1~3月の国内生産の減産を
余儀なくされるという事態に陥っています。
それは、トヨタのドル箱市場である北米での
需要低下にほかなりません。


原油安→ハイブリッド車の需要減→ガソリン車の需要増
このような図式が現在起きています。
アメリカでは原油安が減税と同じ効果がるとされて
おりますがまさかこのような結果になるとは・・・。



日本の製造業のシンボルでもあるトヨタ
が少しピンチになりそうですね。
電気自動車などでなを馳せたテラスモーター社の
株価にも影響が出ておりますしこの流れは続くかと
思います。



円安で恩恵を受ける輸出企業の雄ですが
ここにきてのガソリンの下落による
需要減は想定外のように思えます。


金融リテラシー的にこのような時に
狙いたい金融商品を考察したいと
おもいます。
それは次の更新でかければと思って
おりますので楽しみにしててくださいね。


当ブログでお勧めするのは



投資信託|セゾン投信

こちらの投信です。
このセゾンバンガードグローバルバランスの特徴は

・5000円から積立が可能で初心者向きであること。
・世界30ヶ国以上の株式と10ヵ国以上の債権に分散投資
出来る商品であること。

・保有コストが業界でも安値の部類である0.75%であること。


バランス型の投信のように見えますが
その運用は堅実に推移しております。


なにより皆様にお伝えしたいのはこの
投信の資料の内容の充実です。
運用方針や投資方法などは一般の書籍を
凌ぐ内容になっております。



特に先ほどらい申し上げているアメリカの
ファンダメンタルの分析は私もFXブログ更新時に
参考にしております。

投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)468*60

投資するしないは別としてこの投信の
資料だけでも請求してお手にして頂き金融リテラシー
を磨いていただければと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
(参考になったよ!と思われる方、是非応援クリックを
よろしくお願い致します。更新のモチベーションUPに繋がります!)

重要なお知らせです。投資はご自分の判断で!!
 価格の騰落ついて断定的判断を提供することはなく売買を勧誘する
ものでもありません。また、投資・トレード等における最終的な
ご判断は、全てご自身の責任においてされますようお願い致します。
当サイトの情報により皆様に生じた損害、費用につきましてもその程度
を問わず一切責任を当方は負わず損害賠償にも応じませんこと予めご了承下さい。

« スポンサードリンク »

タグ / 

コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

Return to page top